アルバイトの家庭教師でも大丈夫なのか

家庭教師の中には、アルバイトの人もいます。その多くが大学生や大学院生で、社会人のアルバイトの人もいます。大学生や大学院生にきちんとした授業ができるのかと思われる方もいるでしょう。結論から言ってしまえば、大学生や大学院生の家庭教師でもきちんと教えることができます。

どんな人でも家庭教師として採用される前に筆記試験を受けます。その筆記試験で高い点数を取らなければ、採用されることはありません。筆記試験の中には難しい問題もあるので、筆記試験である程度の点数を取ることができたら、その人はこの仕事にふさわしい学力を持っていることが証明されます。筆記試験の他には面接もあります。

面接では家庭教師にふさわしい人格を持っているかどうか調べられます。学力試験と面接の後は、研修もあります。研修のときに教える方法や生徒との接し方を学んでいきます。こういったプロセスを経てこの仕事を始めるので、たとえ大学生であってもこの仕事をきちんとできるようになります。

大学生は高校受験や大学受験を経験してからそれほど時間がたっていません。自分で必死に勉強したことや受験のテクニックをまだ覚えているので、それを生徒に伝えやすいというメリットがあります。また生徒の方は自分と年齢がそれほど離れていないので、大学生の先生にはお兄さんやお姉さんのような親しみを感じることが多いです。大学生や大学院生の先生に頼りなさを感じる必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です