変わりつつある家庭教師派遣会社

大手の家庭教師派遣会社の影響もあり、今は家庭教師費用は安くなっています。その結、優秀な大学生のアルバイトとして家庭教師h¥離れが起きています。雇用する家庭の負担する大部分は、講師の人件費です。仮に、週1回2時間指導の場合は、家庭する負担費用のうち事務所の運営費などの固定費を除いた金額を8で割れば講師の時給になります。

大体1200円から2000円になります。優秀な大学生にとっては、自給の高い別のアルバイトもあり、派遣会社は人材を集めにくくなっています。安かろう悪かろうの傾向にあります。そこで行われているのが、後輩紹介制度、事前の確認テスト、講師研修などです。

派遣会社によっては研修を行っていない会社もありますが、多くの派遣会社では研修を行っています。質の高い講師を派遣することは派遣会社にとっての生命線です。営業活動や拠点展開で拡大傾向にあった派遣会社の方向性が変わってきています。少子化の傾向もあり、クレームが生じれば、縮小せざるを得ないからです。

出版物を出している派遣会社も多く、書店などで手に取る機会も増えています。また講師をランク付けし、質の高い講師にカリスマ性を持たせている派遣会社もあります。理系講師と文系講師を同時に派遣する会社もあります。地域拠点に自習室を幹部する会社もあります。

教育産業の1つとして拡大基調にあった家庭教師派遣会社も足元を固めるために様々な取り組みが行われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です