家庭教師で数学の力を伸ばす

数学は多くの生徒が苦手にしている科目です。数学が難しいのは、学年が進むにつれて高度な思考力が必要になるからです。思考力の基礎になるのは計算力です。数学ができない多くの生徒は、計算が苦手なことが非常に多いです。

まず家庭教師の先生によって、確実な計算力を身に付ける必要があります。生徒が特に苦手としているのは分数の割り算や掛け算などです。これらのことは小学校の時に習いますが、小学校の時点で分からなくなっている子供もいます。そういう時は、たとえ中学生であっても家庭教師の先生によって、小学校の内容から勉強する必要があります。

家庭教師は一対一で教えられるというメリットがあります。一対一なので、子供は恥ずかしがらずに自分の分からない個所を家庭教師に話すことができます。分からない個所でも、何度も計算を練習すればできるようになります。数学の勉強は積み重ねです。

小学校の内容が分かるようになると、中学校の内容も少しずつ分かるようになります。ただし数学が苦手な生徒だったら、理解するまで時間がかかるので、簡単にあきらめないで一定の期間家庭教師の先生に来てもらう必要があります。計算ができるようになると、数学の点数はある程度アップします。その後はいろいろな問題を解くことによって、思考力をつけていきます。

思考力をつけるのは簡単ではありませんが、能力のある先生だったら、子供の能力をうまく引き出して、思考力を少しずつ生徒に身に付けさせることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です