家庭教師に一番必要な資質とは

家庭教師の先生の資質で、最も大切なものは生徒の能力を引き出す力です。どんな生徒も能力を持っているので、それを教えることで引き出すことが必要になります。家庭教師の先生の中には親切な人がいて、熱心に授業をしてくれるのですが、何もかも先生自身が教えていたら、生徒の能力を伸ばすことはできません。ある程度のところまで先生が教えたら、その後は生徒に任せてみることも必要です。

高校入試や大学入試は家庭教師の先生が受験するのではありません。生徒が受験するので、試験の時に生徒が実力を100%発揮することが一番大切です。生徒の能力を引き出すのに大切なことは、分かりやすく教えることです。抽象的な表現を使わないので、具体的な言葉を使って教えれば、生徒は理解しやすくなります。

生徒が先生の授業を受けているときに、生き生きとした顔をしていれば、その先生の授業は分かりやすいと判断できます。逆につまらなそうな顔をしていたら、その先生の教え方にはどこか問題のある可能性があります。この点は親が自分自身でチェックできます。生徒の能力を引き出すのに大切なことがもう一つあります。

それは生徒のやる気を高めることです。やる気を高める一番良い方法は、生徒をほめることです。大人でもそうですが、人間はほめられると嬉しいので、やる気を持てるようになります。教える時は叱ることも必要ですが、できるだけ生徒の能力を認めてほめていくことが大切です。

ほめるのが上手な先生を選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です