よい家庭教師はお金に見合うだけの価値がある。

子供に家庭教師をつけるときは二つあります。一つは、とても有名な受験校を受験する場合ともう一つは、成績がよくなくてつける場合です。いずれにしても、お金がかかり親は大変ですが、子供の成績が上がるだけでなく、よい家庭教師をつけると、もっとよいことがあります。それは、親の心配事をいったんすべて先生に任せることかできることです。

ベテランの先生ともなれば、いつまでにどんなことをしておけばよいのか、そのためには、いつまでにどのくらいの成績になっていればよいのかが、わかるので、それを前提として、生徒をやる気にさせて、もっといってくれます。一方、親の場合は、例え教えることかできたとしても、そこには、主観が入るために、わが子に接すれば接するほど、悩みの種になってきて、仕事中にも子供の受験のことが気かがりになってしまいます。なぜなら、子供と共に親も受験の当事者だからです。その点で、ベテランの家庭教師になると、いろいろな生徒だけでなく、そのご両親も見ているために、二人の間に入って、その緩衝役となり、最適な受験環境を上手に作り上げたり、常に成績の報告と将来の所見を伝えてくれます。

そのために、親は安心して自分の仕事に専念をすることができます。このように、よい家庭教師は、教科を教えるだけでなく、受験の相談に乗ってくれたり、受験に対しての安心できるようなコンサルタントもしてくれるために、お金だけの価値があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です