家庭教師は相性が大切

家庭教師に来てもらう時に、非常に大切なことがあります。それは生徒との相性で、相性が悪かったら、成績はアップしません。家庭教師も生徒も人間なので、相性が悪いことはあります。例えば、中学生の女子は男性の先生を敬遠することがあり、そんな時は女性の家庭教師が向いています。

中学生の年頃に女子は潔癖になって、異性の先生を避けることがあるのです。相性はしばらく授業を受けてみれば、分かります。相性が悪いと感じたら、派遣会社に依頼して先生を交代してもらう必要があります。家庭教師は学校の担任ではないので、交代してもらうのは悪いことではありません。

せっかく先生を頼んでも、なかなか成績が上がらない時は、先生との相性が悪くないか調べてみましょう。子供が相性のことを言わない場合は、親が子供にたずねてみることが必要です。マンツーマンの授業なので生徒と先生の信頼関係は大切です。きちんとした信頼関係を作ることができたら、成績は上がります。

先生の方もそれをよく理解して、生徒とのつながりを大切にした授業をしていきます。しかし経験が浅い人だったり、アルバイトだったら生徒と信頼関係を作るのが下手な人がいます。そんな時は先生を交代してもらいましょう。信頼関係ができると、子供は先生に分からない所を質問しやすくなります。

この点が非常に大切で、分からない所を丁寧に教えてもらって、理解が深まれば学校の成績は上昇します。分からない所を理解できるまで教えてもらえるのが、家庭教師の良いところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です