個別指導塾で中学生が受ける授業とは

中学生になり、成績アップや受験対策に個別指導塾へ通うことを検討している人が多いでしょう。個別指導塾では、どのような指導がされるのでしょうか。個別という名前の通り、マンツーマンや少人数で授業がされるのがほとんどで、ブースで囲まれた空間や個室で授業をします。集団塾のように大きな空間で何十人もいるような雰囲気ではなく、講師とマンツーマンで個室ブースで学ぶため集中できる環境です。

授業の形態は塾によって異なりますが、講師が設問を生徒に与え、中学生が質問に答えるという形で進めます。設問に答えられなかった場合には、講師が補足説明をしてわかるまで指導します。このように授業の途中で立ち止まり、何度も理解するまで繰り返すということが可能です。集団塾では、復習やわからない点のサポートは、授業以外の質問や自宅学習に任されていることがほとんど。

個別指導塾では、その場でわかるまで学習できます。個別指導塾は、家庭教師と同じようなイメージがありますが、決定的に違うのは学習の空間です。自宅では、ゲームや漫画などが置いてあり、プライベートの時間と区別するのが難しいですが、個別指導塾は中学生が集中して勉強に取り組めるようにホワイトボードや学習教材以外に余分な物は置いてありません。家だと集中できないという人でも、集中しやすいでしょう。

個別指導の受けられる塾では、環境や内容で集団塾では受けられないさまざまなメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です