中学生の個別指導塾の入塾の流れと保護者支援

中学生を対象としている個別指導塾では、生徒一人一人にきめ細かなサポートを行っているのが特徴で、スタッフや講師との中学生本人との関わり合いも深くなります。そのため、実際に通塾する前には自分にとって最適な塾かどうか見極めてから入塾をすることが大切です。個別指導塾に入塾するまでの流れとしては、最初に電話やインターネットから問い合わせをして、資料請求や疑問点に関する質問を行い、興味がある場合には無料体験学習の申込みを行います。無料体験学習当日は保護者と中学生本人と教室長で面談を行って、現在の学習方法や成績のほか家庭での教育方針や通塾の目的などについて話をします。

その後、中学生本人が体験学習に参加して授業の雰囲気や講師との相性を確認し、納得してから入塾を決められるので安心です。さらに、個別指導塾では、入塾後も生徒の保護者との連携を密にとって志望校合格につながるような取り組みを行っています。保護者に対しては毎回の授業内容やテストの結果などを指導報告書として提示しているほか、保護者が日々不安に思っていることや些細な疑問点に関しても親身になって相談に応じています。そのほかにも、家族も一緒に参加することができる入試説明会や教育セミナーなどを開催することで、最新の入試情報などを提供しているのが魅力です。

家庭での見守り方や家庭学習の進め方に至るまで責任をもって指導を行うことで、生徒本人と保護者との信頼関係を築いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です