中学生の苦手な単元に対処できる個別指導塾

中学生の学習でもっとも重要なのは、苦手な部分をきちんと把握して適切な勉強法を取り入れることです。練習問題を解いているだけでもある程度のことは分かりますが、より顕著に表れるのが公開テストです。公開テストにも様々な種類があり、詳しい分析や正答率が記載されているものは役に立ちます。個別指導塾でも分析結果を見ながらカリキュラムを決めることが多く、中学生の現在のレベルに対して正答率が低いと考えられる分野に対して、特に力を入れて指導します。

個別指導塾で公開テストを受けた後は、苦手な単元をピンポイントに学ぶのがお勧めです。得意としていて得点もきちんと取れている分野に時間をかけても結果には差がありませんが、苦手意識を持っていて実際に得点を取れていない部分に対処できれば、成績を大幅にアップさせることも夢ではありません。同じ公開テストを受けても、中学生の分析力だけで正確に判断するのは難しいのですが、個別指導塾はプロですので的確な判断をしてくれますし、今後の指導にもいかされます。苦手な部分が見つかったら、少しでも早く克服したいと気持ちが焦ってしまいますが、焦る必要はありません。

まずは簡単な問題から解いてみて、理解できていることを確認したら少し難しい問題にチャレンジするという流れが理想的です。説明を受けた後、最初から難しい問題に取り組むこともありますが、そうすると解けずに習ったことを定着できないまま苦手意識が強くなる恐れがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です